海外短期ボランティア募集-ミャンマーの若者に日本語を教えよう!

海外短期ボランティア募集-ミャンマーの若者に日本語を教えよう!

海外短期ボランティア
ミャンマーの若者に日本語を教えよう

ミャンマー人技能実習生送り出し機関併設の日本語教育機関「STUDY&WORKJAPAN」では、学生たちを日本に送り出すことに特化したミャンマー日本語学校で新たな試みとして日本を目指すミャンマーの若者たちに少しでも多くの日本人と接し、コミュニケーションを図り、交流を行うことで日本語の語学力アップ、発音の矯正や日本の文化風習を学び、日本について知ることによる能力アップを図りたいと考え、日本語のボランティア教師(補助)を募集開始しました。

ミャンマーの若者と触れ合うコミュニケーション

ボランティアでやっていただくことは難しいことはありません。日本を目指すミャンマーの若者たちに日本語を教えますが、ミャンマー人の日本語の先生と一緒にクラスを担当します。ミャンマーの若者たちは日本から比べると後進国の経済状況で生活をする若者たちですが、向上心があり、日本で頑張ろうとしている若者たちばかりです。エネルギーもいっぱいあります。エネルギーをもらいながら、ミャンマー人先生の補助を担当していただきます。発音やボキャブラリー数はミャンマー人の先生よりも圧倒的に日本人の先生が良いからです。

若者と一緒に出かけたり課外活動も

せっかくミャンマーに来たからにはミャンマーのいろんなことを吸収して経験に変えてもらいたいと考えています。早朝にお寺に行ったり、クラスが終わった後に一緒にご飯を食べたり、休みの日には買い物に行ったり。時間は自由に使えます。また、イベントの開催も行い一緒にバーベキューを行ったり、ミャンマー人が大好きなサッカーをしたり。日本では体験できない何かを掴んでください。短期間ではありますが、一生分の経験をすることになります。

弊社独自のシェアハウスで交流しながら

海外短期ボランティア滞在中は弊社が用意したシェアハウスに滞在。大人数ではありませんが、日本人やミャンマー人、時にはその他の国の方と一緒に生活をします。ダウンタウンからほど近い閑静な住宅地にあるシェアハウスはみんなが集えるリビングルームが2つ。そしてダイニングがあり、寝室部屋も2つに分かれ、キッチンが2つ用意されています。また特徴的なのがとにかく広い屋上スペース。こちらはバーベキューなどを開催し皆で楽しむことができるスペースです。乾季にはチェアーに寝そべって星を眺めるのもいいかもしれません。

ミャンマーで経験をプラスしながら国際貢献・社会貢献を!

あなたのボランティア活動が
ミャンマーと日本の未来を支える

あなたのボランティア活動には様々な意味があり、国際貢献、社会貢献につながります。大きく3つの貢献があります。直接的でなくても間接的にでも貢献をすることができ、小さな活動が積み重なり大きな貢献へとつながります。

ミャンマーの技術発展のため

日本の産業の人材不足のため

若者の社会復帰貢献のため

ミャンマーの技術発展のため

ミャンマーは後進国であり国民の給与平均は10000Ks(約1000円)に満たない水準です。産業も軍事政権が長く続いたせいで、遅れをとっていましたが、民主化に伴い、外国からの投資が急増し、経済が活性化し始めています。そこでさらなる技術発展とミャンマー国民の生活を向上させるために、「技能実習生制度」を活用し、ミャンマーのやる気のある若者たちを対象に事前教育を行い日本の技術を持つ企業へと派遣、3年間の技術習得労働を経てミャンマーへ帰国しその技術を生かしてミャンマーの国の発展に寄与します。帰国後も私たちは習得した技術を生かせるように就労を指導していきます。

 

日本産業の人材不足のため

現在日本は超高齢化社会に突入し、これまでの日本を支えてきた世代が老後を迎え、人口の少ない世代に大きな負担がかかってきています。そして日本全国の工場や建設事業所・農業などの各産業が空前絶後の人材不足難を迎えております。この技能実習生制度は労働力を補う目的ではなく国際的な技術移転を視野に入れた制度ではありますが、制度を利用し、技術移転を前提とした、雇用確保の動きが全国化しています。私たちも日本社会が直面する問題に向き合っていき少しでも解決の糸口を掴むために「技能実習候補生」を育て、日本へ派遣するべく教育を行っております。

 

若者の社会復帰貢献のため

人材不足の問題とは別に日本が抱える問題があります。それは若者をはじめとする社会人の鬱や引きこもりの問題です。社会が成熟するにつれ、生活に密着した形でストレスが増え、誰にでも鬱や引きこもりが起こりうる問題として表面化しています。日本国内での治癒復帰を推進するプログラムも増えましたが、まだまだ足りず、問題は深刻化しています。そこで私たちは少しでもミャンマーの地で問題を抱え悩む方たちの復帰を支援するために、日本を目指す若者への教育の現場にボランティアとして参加していただき、若者たちとコミュニケーションを図り、共同生活を行う場を提供し、見守っていくことで彼らの助けになればと考えています。

 

あとはチャレンジあるのみです

海外短期ボランティアの詳細を見に行く

Masashi
ミャンマー人技能実習生送出しに携わり蓄積したノウハウ実績をもとに、ミャンマー人の若者のため、受け入れる日本企業のために最善を尽くします。 なんでもご相談ください。 SKYPE ID : masashi.imamura Facebook : http://facebook.com/figyaro

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*