Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam
nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna.

多くのミャンマーの若者が
Lorem Ipsum
LOREM IPSUM
DOLOR SIT AMET
At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum
Duis autem vel eum iriure dolor in hendrerit Lorem ipsum
dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr
LOREM IPSUM DOLOR SIT

成功の法則

ミャンマー人技能実習生受入

外国人の受け入れに
不安や心配を抱えてませんか?

受入の心配

外国人受け入れをしたことがない。受け入れた経験があるけど、上手くいった試しがない。言葉の問題やその他外国人を雇用することに不安がたくさんある。

情勢の不安

ミャンマーの政変による情勢不安のためにミャンマー人を雇用することに躊躇してしまう。不透明なことでどうすることもできないことなので何かと不安。

失踪の懸念

雇用しても失踪されるのが怖い。ミャンマー人はすぐに失踪すると噂が出ている。どうしたら失踪されないか雇用の仕方が全くわからない。

どうしたらいいのか
経験に基づく分析の結果
非常に簡潔な解決策が導き出されました

不安と心配を
解決するための

3つの雇用条件

その不安や心配に対する解決方法はたった3つのポイントを受け入れ企業が心がけることで多くの問題が解決していくことができます。そして外国人の採用・雇用にあたって十分な正しい知識を持つことで「技能実習生」の受け入れがかなりの高い確率で成功することも実証されています。これらは私たちが送り出しを行なった数多くの実績をもとに企業の雇用状況を分析し、導き出された一つの答えです。

外国人共生社会の
一つの成功する雇用体制

Point 1

経営者が良い

Point 2

上司が良い

Point 3

給料が良い

経営者が良い

この外国人雇用を成功させるための3つのポイントは特に中小企業の場合に顕著に効果が現れます。大企業で社長と企業幹部と外国人スタッフの接点がない場合はPoint1の「経営者が良い」という項目は「会社の制度が良い」に置き換わります。経営者が良ければ自然と従業員に対する待遇であったり、従業員のケアがしっかりとした体制になってきます。

上司が良い

そして「上司が良い」というポイントも非常に重要です。外国人スタッフとの接点となる管理責任者や日本人の上司同僚との関係性が外国人の雇用の定着に非常に重要な関わり合いとなります。上司が外国人スタッフを放置したり、言わなくてもできて当然とか、日本人と同様に会話の理解ができて当然という接し方であれば、実際に意思疎通ができていなかったということも多々あります。

給料が良い

「給料が良い」は外国人従業員にとって非常に重要なポイントです。ビザを発給され海をこえて働きにくる外国人労働者は給料が日本へ渡航する目的の大きなウェイトをしてめています。いくらから給料が良いかという基準は概ね外国人が働く他企業と比べて良いかどうかで判断されていることから、大体の相場の基準を超えるかどうかで判断することができます。

私たちARBOURFIELDはプロの送出し機関です

私たちARBOURFIELD INTERNATIONAL CO.,LTD.はミャンマーの政府認定の海外人材派遣の専門会社です。

2000年の会社設立より2021年現在で21年間を海外向け人材派遣一筋で行ってきました。

仏教国ミャンマーから日本へ
技能実習生の送り出しの実績

周りから間違った情報を
教えられていませんか?

ミャンマー現地からの送り出しの最新情報

2021年12月1日現在 ミャンマー国内の新型コロナ感染状況はかなり落ち着いてきていると言えます。レストラン等での店内飲食の解禁。5人以上の集会禁止の解除。各種制限が解除されている状況ですが、国際線の離発着は制限されており、原則定期便の離発着はできない状態です。しかし特別運行便や臨時便は就航しており、日本とミャンマーを結ぶ空の便も限定的ではありますが確保されています。

2021年12月1日現在 ミャンマーの政変による影響は各方面に出ています。また毎日状況が変わるために最新情報のチェックが欠かせません。ミャンマー最大都市であるヤンゴンは夜間外出禁止があるものの、日常的な生活が営まれておりますが、時折、限定した場所で政変に関する事件が発生しております。経済は疲弊しており、就職先の閉鎖や物流の停滞などにより一般市民の生活はさらに困窮しております。

2021年12月1日現在 オミクロン株発生の懸念により日本への全ての外国からの入国制限を実施しており、ミャンマーからも日本へ入国することができません。この措置は1ヶ月の限定措置で、懸念がなくなり次第解除され、日本へ入国することができるようになりますが、制限解除の有無に関しては日本政府が状況を見ながらの判断になります。

2021年12月1日現在 ミャンマーからの送り出しに制限はかかっておりませんので新型コロナ関連の規制に対する対応を行うことで日本へ渡航することが可能です。また管轄省庁である労働相などの政府機関も通常通り窓口が開いており、出国にあたっての申請やスマートカード発行業務なども通常通り営業しております。日本側の入国制限が解除されれば問題なく日本へ出国することができます。

なぜ多くミャンマーの若者が日本を目指すのか

豊富で潤沢な若者たち

ミャンマーは主産業が農業であり製造業やその他の産業がまだまだ発展途上です。軍事政権により長年の閉ざされた国であったために、産業の発展が遅れてきた現実があります。
さらにはミャンマーは日本と違って若い世代が人口構成比率で圧倒的に多く、若い力がたくさんある中、就職先が少ないという現実に直面しています。

最貧国のため日本との賃金格差が大きい

東南アジア最貧国であるミャンマーは1ヶ月の月収が平均10,000〜20,000円と日本と比べると大きな格差があります。この月収では家族を養っていくには不十分です。またミャンマーでは働く場所が少ないことと、この給料格差により日本をはじめ外国へ出稼ぎに行くことを考える若者が相当数います。

家族を支えるために海外に働きに出る

ほとんどの日本を目指すミャンマーの若者たちは貧しい家族を支えるために外国へ働きにいく希望を持っています。ミャンマーは家族が多く、集団で暮らしているケースが多いので生活するのも大変です。そこで家族の中の若い力に期待をし家族総出で子供を日本に送り出してあげたいという強い気持ちを持っています。

日本の技術を学び手に職を求め日本を目指す

技能実習制とは日本の技術を学び、手に職をつけ母国の経済発展に寄与するという役割も果たしているために、日本のやり方を学びたい、また日本語も同時に身につけミャンマーに戻ってからも日本人と一緒に仕事をしたいという希望を持ったミャンマーの若者たちもいます。実際に日本で得た経験をもとにミャンマーで同職種で起業する実習生もいます。

  • 日本人常駐により随時日本語対応可能
  • 面接から6ヶ月以内の入国に向け迅速対応