技能実習生受入人数

技能実習生受入人数

技能実習生の受け入れ人数について、現時点で企業の常動職員数によって受入の人数枠が決まっています。

企業の常勤職員数(法人毎) 技能実習1号(1年目)の受入れ人数枠
201人 以上 300人 以下 15人
101人 以上 200人 以下 10人
51人 以上 100人 以下 6人
50人 以下 3人


※50人以下の企業では、技能実習生数が受入れ企業の常勤職員総数を超える事は出来ません。
※300人を超える企業に関しては、常勤職員数の5%以内で技能実習生受入れが可能。
※常勤職員数に技能実習生数は含めません(常勤役員は含みます)。

実習生受入増員計画

実習生の受け入れ人数には制限がありますので、制限を考えたうえで、受入の計画を考えていく必要があります。たとえば年間受入数が6名の場合、3人ずつ半期ごとにずらして受け入れをするということもできます。また、考えたくはないですが、たとえば病気で仕事ができなくなったり、何か問題があり欠員が出ることも考えられます。そこは人であり、日本人と同じです。何かあってもいつでも差し替えができる準備などを考えておくことも必要です。

3年でトータル3倍まで増やすことが可能

年間3人受入可能の企業の場合、2年目にまた3名、3年目にまた3名を受入可能です。合計で3年目には9名が企業に在籍している形となります。ただ気を付けなければいけないのは常動員職員数が3名の場合は3名が上限となり、増やすことができません。常動職員数が6名の場合は実習生も6名までとなります。