ミャンマー訪問前準備

ミャンマー訪問前に準備すること

ミャンマー技能実習生面接の前に準備することは以外とたくさんあります。
例えば面接時会社をきちんと紹介するための会社の紹介資料(写真・会社概要・給与説明)の準備が必要です。また渡航にあたってはミャンマービザ取得が必須となります。

スケジュール決定

まずは面接の渡航スケジュールを決めます。大体の面接訪問は2泊3日が通常です。面接後実習生の入国まで半年ほど時間がかかることもありますので早めに面接をされることでより早く入国ができます。

会社紹介資料準備

技能実習生を採用すると3年間は受入企業で働くこととなります。3年間は短くも長い期間ですので彼らがどんな会社でどんな環境でその3年間を過ごすのかはとても大切なものです。事前にできるだけ多くの資料を用意し彼らに提示することが、トラブル防止の意味にもなります。

雇用条件作成

技能実習生たちにとって日本に行くことは技術を学びに行くことですが、同時に働いて収入を得ることも非常に重要な要素です。そこで実習生たちが行く先の会社の給料など雇用条件が非常に大切です。面接前に雇用条件書を作成、面接時にはしっかりと説明をします。

募集条件決定

技能実習生の面接にあたって、必要な募集要項を決めます。性別は女子が良いか男子が良いか。また、年齢は何歳くらいまでを希望するか。そして経験の有無。日本語能力など様々な要件がありますが、企業様の仕事内容に合った形で必要な人材の要件を決定します。

ミャンマービザ準備

渡航スケジュール決定後、ミャンマーのビザを申請する必要があります。ミャンマーへ渡航するためにはビザが必要です。面接目的で渡航される場合はミャンマービジネスビザの申請をお勧めしております。また、ビジネスビザ限定でミャンマービザ代行申請業務を承っております。

ホテル等予約

渡航スケジュールと同時に日本⇄ミャンマー間の飛行機の予約やホテルの予約も進めなければいけません。日本からミャンマーへの直行便は現在ANAのみです。成田ヤンゴン間を一日一便飛んでいます。また経由便はベトナム、タイ、台湾、韓国、マレーシアなどの経由便もあります。