ミャンマー人技能実習生採用のすすめ【特集】

 

最後までやり遂げる若者を育てる

この特集ページはミャンマー人技能実習生の受け入れを検討されている
企業様向けに分かりやすくミャンマー人と技能実習生の制度等をまとめて
総括して情報をお届けするページです。

国際貢献と技術移転を行うため
外国人から実習生を受け入れる制度
それが外国人技能実習生制度です。

日本の技術をミャンマーに伝承する。
本来は人材不足の穴埋めとしての制度ではありませんが、技術を移転し貢献する意味であれば、人材不足を補完する意味としても生かされる制度です。

技能実習生制度の背景を知る
3つの基本キーワード

技能実習生制度をひも解くための3つのキーワード。
なぜ日本国は技能実習生度を作ったのか。

日本は世界屈指の技術大国である

日本は昔より自らの技術を高め高度な製品やものづくりを行ってきました。世界でも有数の技術を有し、日本の優れた製品は世界各国から求められ、認められるものとなりました。

日本は労働力・人口共に減少している

日本の人口は2010年には1億2,806万人の人口が2030年には1億1662万人、そして2055年には9193万人へと減少する予測が立っており、合わせて労働力も減少する。
日本の将来推計人口

途上国には多くの若くて豊富な人材がいる

日本は昔より自らの技術を高め高度な製品やものづくりを行ってきました。世界でも有数の技術を有し、日本の優れた製品は世界各国から求められ、認められるものとなりました。

年間7-8万人が来日

0
2014年度 技能実習1号イ+ロの合計数
0
2014年度 技能実習1号イ+ロの合計数
0
2014年度 技能実習1号イ+ロの合計数


国別技能実習生来日数(2014年度)
※技能実習1号ロ(団体監理型)の統計

国別で2014年度の実習生入国数を見てみよう。
中国がダントツの一位で、ついでベトナム、そしてミャンマーは7位(644人)となっている。まだまだ少ないミャンマー人技能実習生だが、2013年度入国数65人から比べると約10倍増で、ものすごい勢いで伸び始めていることがわかる。
また全体の数をみると2013年62,000人から2014年77,000人と15000人近くの入国数増加が見られる。これだけ技能実習生の入国数が増えているということはそれだけ日本の受け入れ企業の需要も増えているということである。
また景気も左右する。外国人雇用を行うことは決して安価な労働ではない。つまりはきちんとコスト計算をして採算が合わなければ、雇用を増加させるという企業の判断には至らないからだ。
法務省出入国管理統計統計表